起立性調節障害の薬の副作用は怖い!効果がないならサプリ?

記事が参考になればシェアお願いします↓

kusri

起立性調節障害を薬で治す際に注意しなくてはならないのが薬の副作用



私自身も中学生の時に起立性調節障害に掛かり、朝起きれない・頭痛がする・ふらふらして青れる といった症状を抱えており、不登校になってしまいました。

→【YUUKIのプロフィール



起立性調節障害は決して子供の怠けではなく、正しい治療を行わなければ治らない病気です。

そんな起立性調節障害を治す際に薬を服用する注意点や副作用について詳しく見ていきましょう。

起立性調節障害の薬を服用する際の注意点や副作用

起立性調節障害の薬物療法で主に使用する薬については、こちらの記事にまとめています。

→【起立性調節障害を治す薬



ですが、これらの薬を服用すれば、必ずと言っていいほど副作用が現れます。



頭痛動悸めまい吐き気 といった症状が現れてしまう訳ですが、思春期の子供には中々辛い症状であるかもしれません。



子供によっては、起立性調節障害の薬を服用したせいで不登校になったケースもあります。

薬を飲んでいるのに体調が悪くなる?薬が効いていないのでしょうか?

一体、何故こんなことになるのか。



それは、子供の体調に合わせて薬の服用を正しく行えていないことが挙げられるでしょう。

起立性調節障害に掛かる子供は心も身体も繊細である為、少しの服用するタイミングのズレによっても過剰に身体が反応してしまいます。



ですので、起立性調節障害の薬は子供が自己管理出来るよう指導しましょう



体調が悪いか悪くないかは、起立性調節障害に罹っている本人しか分かりません。

子供が自分で服用するタイミングを決めれることが大事なのです。

間違っても、子供の自己判断で薬の服用を中止させてはいけません。必ず、医師の指導に合わせるようにしてください。



薬物療法の効果が現れるのは、薬を服用してから最低でも1~2週間は掛かるといわれています。

ですので、症状が改善されるまで、子供の体調を見守ってあげることが大切なのです


薬の副作用が怖い場合はサプリメント治療も視野に

起立性調節障害の薬物療法にはある程度のデメリットがあることはおわかりいただけたでしょうか。

では、薬物療法以外で治療する方法はないのか。気になりますよね。

実はあります。



それが「サプリメント治療」です。



サプリメントと言うと、治らないだろうと思われるかもしれませんが、実際にサプリメント療法を行い、治ったケースも多いです。



特に、キリツテインというサプリメントであれば、気分をリラックスさせたり、休息の質を上げるL-テアニンという成分が220g含まれており、90%以上の購入者がとても効果を実感したと話しています。

→【起立性調節障害を治すサプリメント・キリツテインとは?



キリツテインは健康食品に分類されるもので副作用の心配もないですから、もし薬物療法の副作用が怖い場合は、キリツテインを試してみては如何でしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で