起立性調節障害は完治しない?入院や薬以外の治療方法とは

記事が参考になればシェアお願いします↓

kirituseityosetusyogaitop

不登校児原因の約4割を占めると言われている起立性調節障害。

病院で起立性調節障害と診断され、一番心配になるのは「完治するのか」ってことですよね。



朝起きれないから学校に行けない。日中もフラフラする…。

そんな起立性調節障害の子供が大人になってもずっと同じ生活を続けなくちゃいけないのであれば、将来就職できるのか、仕事はできるのかと不安になってしまいます。

起立性調節障害は大人になったら治る?

起立性調節障害は思春期に起きやすい病気。

→【起立性調節障害とは?



自律神経の乱れから「朝起きれない」「めまい」「立ちくらみ」などの症状を引き起こす訳ですが、この病気は思春期特有のものであると言われています。

しかし、起立性調節障害と診断された子供の20年後でも、男子の20%、女子の49%は症状が残るというデータがあります。

つまり、生涯起立性調節障害を引きずってしまうケースもあるんですね。これは辛い…。



ですが、起立性調節障害は「治った」という線引が難しいです。なぜなら、起立性調節障害は新しい病気で明確な治療法が未だ存在せず、お医者さんでも診断が難しい為、どこを持って治ったのか判断が難しいんですね。

私は日常生活を送る上で支障がなければ治ったと解釈していいと思います。



つまり、朝起きれなくても、日常生活に支障がないのであれば問題ないと思われます。



周りにいませんか?夕方~深夜が主な活動時間帯で、昼間に睡眠を取っている方。

そういう方は、例え起立性調節障害と診断されていなくとも、自然とこの生活スタイルが自分に合っていると、判断して起立性調節障害に合わせた生活を送っています。



しかし、深夜帯に活動するというのは社会的にも受け入れられにくいことです。

場合によっては、僕のように「睡眠相後退症候群」から「非24時間睡眠覚醒症候群(non-24)」を発症してしまうこともありますし…。



いずれにせよ、一生起立性調節障害を背負っていくのは大変辛いですよね。



では一体起立性調節障害を完治させる為にはどうすればいいのか?



一般的には薬で治すべきだと言われていますが、薬で治すには病院から正しい処方箋をもらい、医師の指導の元、長期間治療に専念しなければなりません。



また、素人が薬に手を出すとますます症状を悪化させる恐れがあります。



場合によっては、仕事を辞めたり学校に通えない入院生活となることもあります。





今の私生活を保ちながら、なんとか起立性調節障害を完治させたい…。

そんな方にオススメしたいのは、サプリメント治療です


入院以外の治療法はサプリメント治療がオススメ!

起立性調節障害に効くサプリメントで、個人的にオススメしたいのはキリツテインですね。





このキリツテインには「L-テアニン」という成分が220g含まれています。

L-テアニンとは「アルミ酸の一種」で、この成分には



・気分をリラックスさせる

・眠気をスッキリさせる

・ストレスを開放させる

・休息の質を上げる

・集中力の向上



といった効果があります。

1日の摂取量4粒で、220gのL-テアニンを補えるとのことで、2016年に発売以降大変売れているサプリメントなんですね。



国が推奨する国内GMP認定の工場で生産していますから、製作過程も安心できます。



でも副作用とか大丈夫なの…?



と思う方、いるでしょうがサプリメントは薬とは違い、「健康食品」に分類されますから、副作用の心配は少ないです。



ですが、勿論サプリメントには正しい飲み方があります。



キリツテインでは1日4粒を目安に、

入眠する30分から2時間前に飲むと効果を実感しやすいです。



注意点として、コーヒーやお茶など「カフェイン」良りの飲み物と一緒に飲んではダメです

サプリメントは正しく飲まないと効果を実感出来ないばかりか、逆に体調が悪くなる可能性もありますので、そこは注意したいですね。



値段に関しても、起立性調節障害を治すために



「完全朝方コース」9ヶ月コース50%OFF

「徹底朝方コース」6ヶ月コース30%OFF

「集中朝方コース」3ヶ月コース10%OFF



の3つのコースに分かれており、自分の症状に合わせてコースを選べるのも、購入者目線で嬉しいですね。



電話でのご相談も気軽に出来ますので、何か心配なことがあればいつでも聞けるのもグッド。



30日間返金解約保証も付いていますので、起立性調節障害でお悩みのお子さんや学生、社会人の方は是非一度試してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で