起立性調節障害は不登校に多い!朝起きられない症状が辛い

記事が参考になればシェアお願いします↓

kiritusei

朝起こそうとしても中々起きず、学校に遅刻する…

夜遅くまで起きてて早く寝ない…



あなたのお子さんはこういった症状をお持ちではないでしょうか?

単なる「怠け者」と思いがちですが、実はこうした症状を持ってる子供は

起立性調節障害という病気かもしれません。



不登校児に多い病気として、起立性調節障害は注目を浴びるようになりました。

なんと、思春期の中学生の10%に当たる子がこの病気を患ってると言われています。



この記事では元不登校児のYUUKIが、

起立性調節障害の症状についてまとめています。

起立性調節障害(OD)とは?朝起きれない症状が辛い

起立性調節障害(OD)とは、自律神経失調症の一種で

体内の自律神経が乱れることによって起きます。



自律神経とは、循環器、呼吸器、消化器など身体に備わっている器官の活動を調整する為に

動いてる神経のことを言います。



自律神経には副交感神経、交感神経の二種類があり、

交感神経は緊張や激しい活動、ストレスなどがある時に活性化する神経で

副交感神経は身体が休息に向かってリラックスする時に活性化する神経です。



普通の人は朝起床時に交感神経が活動し始めて、

夜になるにつれて副交感神経が働いてきます。



人間はこの二つの神経が規則正しく働くことにより、

体調を保っているんですね。



ですが、起立性調節障害に罹ると、この自律神経が上手く働かなくなったり、

バランスが悪くなったりします。

身体の調子を上手く整えることが出来なくなるんですね。



これが起立性調節障害です。





起立性調節障害の症状には個人差がありますが

この病気に罹ると



朝起きられない

めまい・立ちくらみ

動悸・息切れ

睡眠障害・食欲不振

腹痛・頭痛・倦怠感



など、様々な身体的不調が現れてきます。



起立性調節障害は思春期に入るとかかりやすくなり、

殆どの患者が中学生・高校生だと言われています。



ただ、この病気は基本的に午前中のみ発症し、

午後になると身体が回復するので一見すると病気には見えず、

「だらしない子」と烙印を押されてしまうお子さんも多いです。



そうなると、親や教師、周りの子から



「頑張って起きてちゃんと早くから来い」

「なんでお前はそんなにだらしないんだ

「お前は朝寝坊して気楽でいいなぁ」

「親が甘いんだろうね」



などと責められて、それが原因で学校に通うのが嫌になり、

不登校になってしまう子が多いです。



僕自身もそうでした。

努力しても朝起きれないのに周りに責められてしまうので、

自分が悪いと思い込んでしまいます。



周りからも冷たい目で見られ、学校でも居場所はなくなります。

そりゃ登校拒否になるわな…



さらに、起立性調節障害が原因で睡眠障害を併発することも多いです。



朝起きられずに昼頃まで寝ている為、夜早く眠ることが出来ずに、

睡眠相後退症候群非24時間睡眠覚醒症候群を引き起こしてしまいます。



こうなると、学校に通うことは更に困難になってしまいます。



しかし、本人や周りの大人も病気だとは気づきにくい為に、

適切な治療も行わずに放っておいて仕舞には子供が引き篭もりになるケースも珍しくない。



だからこそ、この病気について正しく理解すると共に、

早期に対処をする必要があります。


起立性調節障害の原因や対処法について

自律神経の乱れからなる起立性調節障害。

では、一体どのような原因で罹ってしまうのか?



これについては別記事にて詳述していますので御覧ください。

➔【起立性調節障害の原因はストレス?思春期の中学生が罹りやすい?



起立性調節障害の対処法は、

自律神経の乱れを正す療法を行うことが必要です。



対処法についても別記事で詳述してますので、こちらもご覧ください。

➔【起立性調節障害の対処法について


症状を疑ったら病院で診てもらおう

お子さんに起立性調節障害の症状が見られたら、

まずは病院で診てもらうことが大切です。



病院の何科に行けば良いのか、探し方などは別記事に書いています。

➔【起立性調節障害の病院の探し方


起立性調節障害の不登校児の進学先は通信制がオススメ

この病気は完治が非常に難しく

不登校児の中学生が普通高校へ進学しても朝起きれない状況が続き、

留年してしまうケースが珍しくありません。



そんな方に考えて欲しいのが通信制高校の選択です。



最近の通信制高校にはサポート校と呼ばれる教育施設がある所が多く、

大学のように自分で授業を組み立てて通えるので、

起立性調節障害のお子さんにはうってつけの高校です。



また、普通高校に通ってる場合でも編入しやすく

単位をそのまま通信制に受け継いで留年を阻止することもできるので

高校生の方に非常にオススメです。



僕も通信制高校出身でした。

入学前は

ヤンキーや問題児ばっかりでしょ

と思っていたのですが、いざ入ってみると思っていた以上に

普通高校の雰囲気に近くて、



自分と同じ悩みの子も多く、相談することも出来て

とても過ごしやすい高校生活を送ることが出来ました。



でも、通信制高校なんて一体どんな雰囲気なのか、心配…



と思う方は、まずは資料請求をしてみるのが良いでしょう



あなたの近くにある通信制高校を無料でサクッと資料請求出来る

ホームページがありますから、入る入らないはおいておいて

まずは資料請求してみると良いです。



その行動が、現状打破出来る解決に繋がるかもしれません。

➡自宅近くにある通信制高校を一括資料請求!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で