友達が不登校になったのは自分のせい?心配するのは良い事だ

記事が参考になればシェアお願いします↓

friend-school

僕によくこんな相談事が届きます。

「YUUKIさん、仲の良い友達が不登校になってしまいました。自分のせいかもしれません。どうすれば良いでしょうか?」



これを見て、僕は毎回「自分のせいじゃないよ」と返事をしています。

まず、自分のせいだと思う子は心が優しく、友達を救いたいという思いがあるからです。

そんな子が、友達に対して不登校になるような行動を起こすとは考えにくいからです。



というのも、このような友達関係で不登校になった子の一部は、

心の病気に罹ってしまってる可能性があるのです。

不登校になった友達を心配してる君へ、友達をどう助ければいいのか?書いていきます。

友達が不登校になってしまう理由

生徒が不登校になってしまう原因には、様々な理由が絡んでいます。

➔【不登校の原因がわからないのは当たり前。理由は沢山あるから



その中で、友達との関係が原因で不登校になってしまった場合、

不登校になった生徒にある可能性として、心の病気が挙げられます。



心の病気と言うと、うつ病と一括りに思いがちですが、

実は精神病には数多くの病気があります。



・強いストレスが原因で発症する解離障害

・様々な原因が複雑に絡み合い、幻聴や幻視が起こる統合失調症

・気分がずっと落ち込んでしまう気分障害(うつ病)

・特定の人と話すと動悸や息切れを発症する対人恐怖症



などなど…

ざっと挙げるだけでもこれだけありますが、こういった病気を元々持ってると、友達とちょっとしたことが原因で発症し、不登校になるケースが多いんですね。



ですので、決してあなたのせいではないし、自分を責めてはいけないものだと思います。


友達はどうすればいいの?

僕が不登校だった時は、学校に通ってる仲の良い友達なんて既にいませんでしたし、心配されることなんてありませんでした。

→【小学生・中学生時代に不登校だと将来地元の友達が少なくなる



こういった相談を受けて毎回思うのは

「この友達は愛されてるなぁ」と胸がほっこりします。



ですので、不登校側からすれば、出来るだけ友達が会いにきてくれると嬉しいですね。



最初は嫌がるかもしれませんが、友達が家に来て嫌な人は少ないです。

学校の話をしたり、自分のことを話したり、色々と語ってくれると嬉しいものです。



ちょくちょく顔を見に行ってると、

次第に友達も「学校に行きたい!」という思いが出てくる筈です

実際、友達がいたことで不登校児が学校へいくようになったという話しもありますし。



人生、友達には良くも悪くも影響されます。

友達の思いの心が優しいあなたが友達の家に行ってあげることで、その不登校児の人生が変わるとしたら?

是非とも不登校児の友達と顔を合わせるようにしましょう。



そこで学校へ行かせる事ができたら一生ものの友達になるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で