学校に行けない・行きたくない?理由が苦痛なら高校進学が鍵

記事が参考になればシェアお願いします↓

kyohi

毎日の学校が苦痛で行けない…

でも学校に行けない理由がわからない…



親として学校に行けない子供を放っておく訳にはいけない、と思っている親御さんは多いと思います。実際、私自身も中学生の時は学校に行けない理由がわからないまま、不登校になってしまいました。



大人になった今では分かるのですが、当時の私は中学生。

子供だと自分が何故学校に行けなくなったのか、分かる訳ないですよね



ということで、今回は学校に行けない・行きたくない子供を持つ親御さんへの記事です。



病気なんじゃないか、生活習慣が悪いのか、毎日の学校に行けない・理由のない不登校について、元不登校のYUUKIが対処法をお伝えします。

子供が毎日の学校に行けない・行きたくない理由

当然ですが、学校は毎日ありますよね。休みは土日だけ。



朝の8時半から17時近くまであり、部活がある子はその後部活動へ。家に帰るのは19時~20時頃の子供は多いでしょう。

家に帰ったらお風呂に入って、夜ご飯を食べ、宿題を済ませて寝る。





こうしてみるとかなり忙しいですね。暇な時間は殆どありません。



こんな生活を送っている子供が、「学校行きたくない」と思うのは当然です。



大人でも「仕事辞めたい」と言ってる人は多いですよね。それと全く同じ理由なのです。



大人であれば仕事を辞めたら収入源が絶たれ生活ができなくなるため、無理やりにでも仕事に行きますね。

ですが、子供はどうでしょう。



そもそも、子供は必ずしも学校に行く必要はありません。



文科省が定める就学について詳しく見ると、

子供が教育を受けるのは権利であって義務ではありません。

参考 - 教育基本法



今のネット社会では、学校に通わなくても勉強が出来る環境は幾らでもありますよね。

つまり、毎日学校に通うというのは、子供の状態によっては必要ないこともあります。



では、子供がどのような状態であれば学校に行かなくていいのでしょうか?


毎日朝早く起きることができない

学校に行けない子供が行けなくなった理由で、多いのが「毎日朝早く起きることができない」です。

これは、登校時間に合わせて朝起きるのがとても苦痛に感じ、学校にいけなくなる子供のことを言います。



子供が朝起きれなくて学校に行けないのはただの怠けだと思われがちですが、実は起立性調節障害睡眠障害を抱えているケースも多いです。



思春期特有の病気も多いですから、もし病気が原因で朝起きれないのだとしたら、病気を治療するまでは学校に行かせなくてもいいと私は考えます。



無理やり学校に行かせたら症状が悪化したり、登下校中に倒れたりすることもありますから(私の実体験です^^;)


子供が発達障害をもっている場合

日本人の子供の100人に一人、隠れアスペルガーと呼ばれる子供は50人、いや40人に一人と言われるほど、身近に多くいるアスペルガー症候群



このような発達障害をもっている子供は、周囲と人間と合わせたり、学校の授業についていけず、学校に行きたくなくなるのは当たり前です。



さらに、アスペルガー症候群のような病気であれば、子供に自覚がない場合もあるので、もし子供に何らかの傾向がある場合は病院で診てもらいましょう。



発覚が遅れたのでは、子供にとって辛い日々が続いてしまいます。


毎日の学校が苦痛なら高校選びが大事

子供が毎日の学校が苦痛だと感じていて、なおかつ中学生であるのならば高校選びが大事です。

というのも、中学校までの義務教育であれば授業を受けていなくとも、適応指導教室のような場所に登校し、テストを受けてさえいれば卒業することが出来ます。

→【適応指導教室とは?



しかし、高校からは違います。



登校日数は厳しく学校の基準を満たさなければ留年ですし、適応指導教室のような不登校児の受け皿もありません。



中学校を毎日行けなかった子供が、普通校を受験しても中退してしまう可能性は高いです。





でも高校だけは卒業させておきたい…





そのような場合は、通信制高校への進学も視野に入れておきましょう。



通信制高校と言うとイメージが悪く聞こえるかもしれませんが、

最近の通信制はサポート校と呼ばれる、

子供が決めた好きな時間に授業を受ける事のできる教育施設と一緒になって運営している高校も多く

通信制高校を卒業すれば普通校と変わらない「高卒」の資格を得る事ができます



卒業後の進学や就職の進路についても、子供の希望通りに行えるよう、学校側が働きかけてくれます。



私自身も通信制高校出身でしたが、高校卒業後は大学に進学して現在は社会人として働いています。



普通高校に行ったら中退していたと思いますね。

→【不登校から通信制高校でも卒業出来るの?

通信制高校について詳しく知りたい場合は、まずは最寄りの学校の資料請求をお勧めします。



こちらのサイトで行えば自宅の最寄りで子供に適した通信制高校の資料を一括で請求することが出来ますから、お手軽です。

➡自宅近くにある通信制高校を一括資料請求!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で